便秘は美肌の敵です!皮膚は内臓の鏡

例えばニキビに悩む人が某サイトに投稿します。
そこに色んな人が回答を寄せています。
・皮脂の取り過ぎも良くないので乳液を使った方がいいですよ
・○○の石鹸で洗顔したら良くなったのでおすすめです
・化粧水をたっぷりつけて、保湿してください
・ビタミンB群を摂りましょう
・ビタミン剤を飲んだらよくなりますよ

こういった回答がちらほら見受けられます。
そんなことより大事なことがあるのに、結構見落とされるものです。

『皮膚は内臓の鏡』
であるということ。
これを忘れていては、スキンケアもその効果を実感することは無理です。

中でも便秘は、ダイレクトに影響します。
お肌は腸の健康とつながっているのです。

便秘というと、とにかく『出ないこと』と思われがちです。
が、本当はちょっと違います。
・ 一応毎日出るけど、硬くてコロコロの便が少ししか出ない
・ 毎日出ているものの、とても臭いがキツく、かなりいきまないと出ない
・ 最初に硬い便が出て、そのあとは下痢っぽい
・ 毎日出るけれど、なんだかお腹に便が残っている感じがある
こういうケースも厳密には便秘なのです。

毎日、黄土色の便がバナナ状に出てくる。
これが理想の排便です。
腸内環境が良いと、便のにおいもきつくありません。
この腸内環境をしっかり整えることが、美肌への第一歩です。

便秘になると、いったいどのような害があるのでしょう。
・ 食べたものが消化され、腸に長い間留まる…
ということは体温で温められて、消化物が腐敗します。
・ 腐敗した消化物が毒素を作ります。
・ 毒素(腐敗菌)がさらに便秘や下痢を引き起こします
・ 毒素が増えると善玉菌が減少します。
すると、便秘が原因でさらに便秘、という負の連鎖が起こります。
 もしくは便秘と下痢を繰り返します。

簡単に言うと、こういったプロセスが出来上がります。
結果、体の表面、皮膚にその影響が出てきます。
なので、腸の働きを正常化することは肌にとって、必要不可欠であると考えられます。

便秘を解消し、腸内環境を整えましょう。

食生活の中では、乳酸菌・オリゴ糖・水溶性食物繊維を積極的に摂ります。
乳酸菌は、ヨーグルトのほかに、ぬか漬けやキムチにたくさん含まれます。
オリゴ糖は玉ねぎ、リンゴ、バナナ、ブドウに含まれます。
水溶性食物繊維はアボカド、海藻類、ゴボウ、オクラ、納豆などにたくさん含まれます。
こういった食材を上手に活用して、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

運動不足も便秘に繋がりやすいです。
しっかり歩く、腹筋を鍛えるなどは便秘対策に有効です。

他には腸もみマッサージ、ツボ刺激もいいでしょう。
つま先立ちで5分間、立ったまま静止状態をキープすると、便意を催しやすくなります。

便秘を解消すれば、美肌への最短コースがひらけますよ。