脂肪燃焼スープで短期間ダイエットに挑戦しよう

みなさん、脂肪燃焼スープダイエットって知っていますか?
脂肪燃焼スープダイエットは、野菜を中心としたスープを1週間飲み続けてやせる、ダイエット方法になります。
野菜スープをしっかりと食べてやせることができちゃうので、雑誌やインターネットで話題になっているダイエットなんですよ。

しかも、たった1週間で効果があらわれるから、すぐに体をスリムにしたいっていう人にもおすすめです。効果がすぐにわかるから、とっても楽しい脂肪燃焼スープダイエット。
実践するのなら、正しいやり方をチェックして実践してみたいですよね。
脂肪燃焼スープダイエットは、ダイエット期間中、野菜スープを好きなだけ飲んでOKです。
パンやパスタなど、小麦粉を使った料理を食べないようにするのもルールの1つです。
炭酸飲料やアルコールを控えると、さらに効果を高めることができます。
7日間の食事内容を野菜スープを中心にする、プチ断食系のダイエットが脂肪燃焼スープダイエットです。
この脂肪燃焼スープダイエットが人気を集めている理由は、なんといってもスープが低カロリーだということです。

スープ1皿のカロリーは約80~100キロカロリーです。
5杯食べても500キロカロリー程度と、とても少ないカロリーに抑えることができちゃうんです。
カロリーは低いものの、スープなのでたっぷりと水分をとることができます。
ですのが空腹感がないということも、脂肪燃焼スープダイエットのうれしいポイントです。
脂肪燃焼スープの作り方は、以下のようになっています。

まずは材料。
キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、セロリを一口大にカットします。
それを大きな鍋に入れたら、チキンスープの素とトマトホールを加えます。
水をひたひたになるまで入れたら、火をつけて野菜が好みの固さになるまで煮込みましょう。
あとは、塩コショウで味を整えるだけでOK。
とっても簡単に作ることができちゃいます。
脂肪燃焼スープを、一気にまとめて作っちゃうのが便利です。
ですが、保存方法には気を付ける必要があります。
とくに夏場は注意しましょう。
冷蔵庫に入れて保存するときは、スープが十分冷えてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。
冷凍庫で保存する場合も、十分の粗熱をとってから、タッパや保存袋に1食分ずつ分けて冷凍することが大切です。
10時間以上常温で保存をすると、雑菌が繁殖する危険があるので、よく注意をしてダイエットをおこないましょう。
脂肪燃焼スープダイエットは、あくまでプチ断食系のダイエットです。
長期間続けると、栄養が偏ってしまう可能性もあるので、1週間をめどにおこなうことが大切です。