とにかく保湿が大切!

わたしはアラフォー間近なので、毛穴の開きがかなり目立ってきました。

原因は色々あります
①毛穴の汚れやメイクの残りが洗いきれていない
②もはや肌の弾力が失われつつある
③保水力が失われている

20代であっても、今の肌弾力や若さゆえの回復力に甘んじていると、20代から上記の状態になることがあります。
そうならないためにはとにかく「保湿」です。

保湿に必要なのは「水分」と「油分」で、どちらが欠けていても適正な保湿はされません。
「今から高い高性能な化粧品使っていたら、年取った時使うものなくなっちゃうわよ」
とアドバイスしてくる人がいましたが、さすがに20代からアンチエイジング系のこってりねっとりしたものは使わなくてもいいとは思いますが、別に肌に合えば高性能だろうと高価格だろうといいと思います。

それに化粧品ってシーズンごとにモデルチェンジしているから「年取った時」にはきっと今より効果の高いものが出ているはずでしょう。

個人的には、夏の高湿度の時はサラサラでもしっかり潤う「雪肌精」の化粧水が、その時期以外はSK-IIが肌によく馴染みます。
ただ、SK-IIはまつエクが取れやすくなるので、まつげに触れないように慎重にコットンで付ける必要があります。

POLAのBAは、香りが好きなので疲れた時や癒されたいときに重宝します。
こちらもまつエクにはダメージが大きいので、少しずつ時間をかけてまつげを避けて馴染ませます。

SK-IIとBAはわたしには高額なので、洗顔後すぐにトリロジーロザピンを2滴くらい顔に馴染ませてからルルルンのフェイスマスクとラップを付けるか、まつエクにはダメージありそうだな~と思いつつもイオニティの蒸気を当てながら洗った髪を乾かし、雪肌精を付けてからSK-IIかBAを使います。

保湿はトリロジーロザピン1滴と雪肌精かBAの乳液でひとまず置きます。
寝る前にヒルドイドソフトを小豆1粒くらいを目元やほうれい線に塗ってから寝ます。
このくらいやると毛穴も目立ちにくくなってきます。
BBクリームもたっぷり使うとよいでしょう。

20大後半に入ると「今日は疲れたからサボろう」の結果が酷いので、20代からこのくらいの保湿は習慣にしてしまった方が良いでしょう。
気をつけたほうがいいのは「夏の保湿」です。
夏は空気がジメジメしているので、なんとなく肌も乾燥してないような気がしますがオフィスワーカーは特にとっても乾燥してますし、夏にしっかり保湿しないと乾燥し始める秋になると内側から潤ってない感じがわかります。

何もSK-Ⅱを浴びろとは言いません。
わたしもSK-Ⅱの前にルルルンのマスクや無印良品の化粧水付けてますし。
夏はとにかく自分の肌にあった化粧水を、いつもの10倍くらい肌に叩き込みましょう。