water

お風呂上りに水シャワー

美肌は健康の副産物と考えています。
健康でなければ美肌は維持できません。

世の中にはたくさんの健康法があふれており、なにをやったらいいのか迷うくらいです。
その中で、今回紹介したいのが
『お風呂上りに水シャワーを浴びる』
という健康美肌法です。

健康の基本は『体温を適度に上げる』こと。
最近は平熱が35度ちょっとしかない人が多いです。
低体温の人は代謝が悪く、免疫力も低下します。
体が冷えていると、体液の循環が滞りがちになります。
血行も悪いので、栄養が体に回りにくくなるのです。

そこでお風呂上りに水シャワーを浴びると、どんな効果があるのでしょう。

水を浴びると体を冷やしますよね。
更に体温が低下しますよね。
実は、これがいいのです。

人間は恒温動物です。
体が冷えると、体温を上げようとします。
体が暑くなると、体温を下げようとするのです。

お風呂上がりの温まった体に、水のシャワーを浴びると、当然体は冷えます。
すると、体が発熱して、体温を上げようとします。
冷たくなった体が、徐々にぽかぽかしてきます。
これが恒温動物の体温を一定に保とうとする働きなのです。

体内から体温が上がっていくことで、血行が良くなり、体液の循環が活発になります。
すると、食べ物から摂取した栄養も、体の隅々にいきわたります。
これが、美肌に繋がっていくのです。
 
お風呂上りに水シャワーを浴びると、肌のきめもきれいに整います。
顔だけではなく、全身の肌がツルツルになっていきます。
肌水分の蒸発のスピードも穏やかになります。
肌が乾燥する前に、皮脂が出る時間を稼いでくれるのです。

新陳代謝も活発になるので、肌のターンオーバーもスムーズになります。
太りにくくなる効果も期待できますし、美容にとってはとても『いいことづくめ』ですね。

これほどにまで簡単で、安上がりなスキンケアはそうそうありません。
ただし、正しいやり方を知っておく必要があります。
でなければ、体に負担がかかることもあるからです。

1. お風呂で十分体を温めておく。
2. いきなり冷水を浴びるのではなく、シャワーの温度をぬるま湯~水に調節する。
3. 水は足の先から徐々に、体を慣らしつつ全身にかけていく。
4. 最終的には頭から、肩甲骨のところを重点的に水シャワー。
5. 水を全身にいきわたらせてから1分間、水シャワーを浴びる。

まずは、体が温まっていることが条件です。
温まった体は血行が良くなっています。
そこに水シャワーを浴びると、血管が一時的に収縮します。
そのあと、再び血管が拡張して、血行が良くなるのです。

ぬるま湯から始めるのは、体を水に慣れさせるためです。
ぬるま湯を足の先から太もも。手の先から腕。腰から首までかけていきます。
この温度に慣れてきたら、水に切り替えます。
水に切り替えたときも足の先から徐々にかけていきます。

頭から肩甲骨のあたりを重点的に水シャワーします。
二つの肩甲骨の間には、褐色脂肪細胞があり、ここを刺激すると体脂肪が燃えやすくなります。
全身に水をかけたら、そこから1分。水シャワーを浴び続けます。
もちろん顔もしっかり冷やす様に。

お風呂から上がったら、さっさと体をふき、髪はタオルで包みます。
顔のスキンケアはこの段階で済ませてしまいます。

いいことづくめの水シャワーですが、高血圧の方や、心臓の弱い方はやめてください。
急激な血管収縮が負担になる恐れがあります。

健康にも美容にもうれしい、水シャワー。
今日から習慣にして、肌トラブルと無縁の生活を送りたいものです。