とにかく保湿が大切!

わたしはアラフォー間近なので、毛穴の開きがかなり目立ってきました。

原因は色々あります
①毛穴の汚れやメイクの残りが洗いきれていない
②もはや肌の弾力が失われつつある
③保水力が失われている

20代であっても、今の肌弾力や若さゆえの回復力に甘んじていると、20代から上記の状態になることがあります。
そうならないためにはとにかく「保湿」です。

保湿に必要なのは「水分」と「油分」で、どちらが欠けていても適正な保湿はされません。
「今から高い高性能な化粧品使っていたら、年取った時使うものなくなっちゃうわよ」
とアドバイスしてくる人がいましたが、さすがに20代からアンチエイジング系のこってりねっとりしたものは使わなくてもいいとは思いますが、別に肌に合えば高性能だろうと高価格だろうといいと思います。

それに化粧品ってシーズンごとにモデルチェンジしているから「年取った時」にはきっと今より効果の高いものが出ているはずでしょう。

個人的には、夏の高湿度の時はサラサラでもしっかり潤う「雪肌精」の化粧水が、その時期以外はSK-IIが肌によく馴染みます。
ただ、SK-IIはまつエクが取れやすくなるので、まつげに触れないように慎重にコットンで付ける必要があります。

POLAのBAは、香りが好きなので疲れた時や癒されたいときに重宝します。
こちらもまつエクにはダメージが大きいので、少しずつ時間をかけてまつげを避けて馴染ませます。

SK-IIとBAはわたしには高額なので、洗顔後すぐにトリロジーロザピンを2滴くらい顔に馴染ませてからルルルンのフェイスマスクとラップを付けるか、まつエクにはダメージありそうだな~と思いつつもイオニティの蒸気を当てながら洗った髪を乾かし、雪肌精を付けてからSK-IIかBAを使います。

保湿はトリロジーロザピン1滴と雪肌精かBAの乳液でひとまず置きます。
寝る前にヒルドイドソフトを小豆1粒くらいを目元やほうれい線に塗ってから寝ます。
このくらいやると毛穴も目立ちにくくなってきます。
BBクリームもたっぷり使うとよいでしょう。

20大後半に入ると「今日は疲れたからサボろう」の結果が酷いので、20代からこのくらいの保湿は習慣にしてしまった方が良いでしょう。
気をつけたほうがいいのは「夏の保湿」です。
夏は空気がジメジメしているので、なんとなく肌も乾燥してないような気がしますがオフィスワーカーは特にとっても乾燥してますし、夏にしっかり保湿しないと乾燥し始める秋になると内側から潤ってない感じがわかります。

何もSK-Ⅱを浴びろとは言いません。
わたしもSK-Ⅱの前にルルルンのマスクや無印良品の化粧水付けてますし。
夏はとにかく自分の肌にあった化粧水を、いつもの10倍くらい肌に叩き込みましょう。

身体に悪い習慣は止められる

20歳くらいからタバコを吸っていました。
タバコを吸い始めると、「ニコチン(ヤニ)切れたからイライラする!」
という中毒症状を発するようになり、可能であれば一時間おきに、カフェに入れば5~6本。
飲み会なら1箱あっという間。
と、今思えばよくあんなに吸ってたなと思います。
今は喫煙者から漂う臭いを考えるだけで吐き気がします。

喫煙の何が悪いかを具体的に申しますと、歯を早く失います。
歯を早くに失いますと、認知症発症リスクが上がります。
まだ若いのにブリッジだったりする人は喫煙者が多いです。

歯茎もどす黒くなって美しくありません。

肌は、弾力を失ってしぼむのが早くなり、肌の色が悪くなります。
タバコを吸う時唇に力が入るので、シワが出来やすくなります。
何より、持ち物全てがタバコ臭くなります。

1度タバコが毎日の習慣になった頃は辞められないだろうなと思っていたのですが、禁煙外来に行ったり、ニコレットに頼らなくても「ある日突然」タバコを辞めることが出来ました。
「体に悪い習慣」は辞めようと思えば自力で辞められるのです。

それには「辞めよう」「辞めなきゃ」「辞められない自分はダメだ」と思いつめないことです。

なんとなく「タバコも値上がりするし、肌に良くないし、ビタミンCのサプリ飲みながらタバコ吸ってアホみたい。辞められたらいいな~」と思っていました。

ある会社帰りにタバコを吸おうと喫煙場所を探し回っていた時、唐突に「自分何やってるんだろう?」
と思いました。

前は喫煙用に灰皿があったところも無くなりはじめていたし、喫煙場所も狭くて隅っこでひしめき合う感じだし、
「喫煙って何かイヤだな~」といきなり思いはじめ、それで「もういいや!」とタバコを手放すことができたのです。

「イライラするのはニコチン切れだ」とは思い込みでした。

ニコチンを摂取すれば「ニコチンを摂取した」満足は得られますが、ストレスはストレス。
魔法じゃあるまいし消えるわけではないのです。

それでも時々タバコを吸ってはいましたが、吸わなくなるとだんだん吐き気を催すようになり、喫煙所にこもる煙や臭いもダメになり、今ではタバコ大嫌いです。

心配していた「タバコ辞めるとご飯が美味しくなって太る説」ですが、わたしの場合は、タバコを辞めた途端に特別いつものご飯がとびきり美味しくなったなんて感じなかったし、食べすぎるようになった事もありませんでした。

愛煙家で太っている方もいますから、これは全く関係ないでしょう。

同時期に偶然禁煙を始めた友人は「毎食後タバコを吸っていたのに辞めたら、いつ食べ終わったかという区切りがなくて太った」と言っていましたので、そこは個人差とか、愛煙していたタバコの種類にもよるのかなと思います。

それでも友人が短期間でタバコを辞められたのは、「恋する乙女パワー」でした。
大好きな彼氏が非喫煙者だから辞めたのだそうです。
なんて可愛らしい動機でしょう!

喫煙や悪い習慣は今すぐ辞められます。

おばさんになる方法

自分より若い女が生意気をしないか常に粗探しをする。
自分より若い女の子がやることなすこと生意気だから全部否定する。

自分より若い女の子がメイクをしていたら、例え色つきリップだけであっても「化粧が濃い!」といい、髪型や服装は全て「派手だ!」と言う。
流行りとか関係ないし、今の流行りはわからないけどとりあえずおかしいから。

女の子特有の匂いや、シャンプーなどの匂いは全て「臭い!」と言う。
常に眉間にシワを寄せて、バカにされないように常に相手を睨む笑ったら舐められるので常に口を尖らせたり睨んだりして威嚇する。

肌より白いファンデーションを均一に塗る口紅やアイシャドウは流行りの色は使わないで自分の一番綺麗だったころの色を探すそもそも化粧なんて面倒だからしない。眉毛書いてファンデーション塗って口紅つければ十分でしょ?
下着のサイズなんて測らない。若い頃と変わってないし面倒だから。

5分おきくらいに、或いは話し始める前には必ず大きなため息をつくか舌打ちを欠かさない
自分より年下の人間から一言でも反論や意見をされれば「生意気!」と言う。

「若い女の子のために」その女の子がいかに至らないか、自分がいかに素晴らしいかを語る。相手が「わかった」と言うまでではなく、こちらが理解したと判断出来るまで繰り返す。

特に若い女の子は苦労を知らないから自分と同じ苦労をさせるべきだと思い、決して褒めず、成果を認めずにとにかく厳しく当たる。

背中は丸め、下を向き、腹を突き出して歩く、たとえワンフロアでもエレベーターを利用する。
公共交通機関では絶対座らないと損した気分になる。

歩く時はなるべく音が出るようにする同年代の女性同士の会話を欠かさない。
話題は常に誰かの悪口、じゃなかった「意見」「感想」「アドバイス」。

自分の気に入らない人はいじめて良いと思う。
自分の思い通りに行動しない人は攻撃して良いと思う。
同じ価値観の仲間と常に一緒に行動する。仲間以外は攻撃しても良いと思う。
お金払うのだからお客様は神様、神様扱いしない店は攻撃していいと思う。
いつも愚痴を言う。愚痴を言われたら「わたしの方があなたより苦労している」と言う。
毎日自分にご褒美☆お菓子は欠かさない。
動きたくない。めんどくさい。

仕入れた情報はすぐにあちこち共有する。

純石鹸は本当に安全で安心、それで万能なのか。

石鹸素地だけで出来た純石鹸と呼ばれるものが、とてもいいと言われるようになってから久しいと思います。
ネットで拾える情報のほとんどは『ビバ!純石鹸』、どんな肌質の人にも純石鹸が良いかのような記事ばかりのような気がします。一方で、石油由来の合成界面活性剤は毒物・危険物の扱いとなっていますが、これって本当なのでしょうか?

よく言われる石油系合成界面活性剤の常識として、
『肌は皮脂膜と角質層によって保護されている』
『石油からできた合成界面活性剤は、皮脂膜を溶かし、角質層をゆるめて、肌のバリア機能を破壊する』
といったことがよく言われますね。

ここでいくつかの誤解が蔓延していることに気づいていますか?

肌が皮脂膜と角質層によって保護されているのは事実です。
が、皮脂膜を溶かし、角質層をゆるめるのが『石油系合成界面活性剤』というのは間違い。
純石鹸でも思い切り、『皮脂膜は溶け、角質層はゆるみ』ます。
むしろ、脱脂力の弱い合成界面活性剤と比べれば、純石鹸の方が強力に皮脂膜を溶かします。
皮脂膜を溶かせば、その下の角質層、その中のセラミドや天然保湿因子は簡単に流れ落ちます。
純石鹸でも、肌のバリア機能は破壊できるのです。

また、合成界面活性剤として有名どころの『ラウレス硫酸ナトリウム』や『ラウリル硫酸』などの成分ですが、石油から作られているとは限りません。
純石鹸と同じヤシ油からも作られます。
むしろ最近では、枯渇資源と言われている石油よりも、栽培・収穫できる植物オイルを使う傾向になっているようです。
そもそも、原料に石油系とか植物系とか天然由来とかいうのは、全く意味がありません。
洗浄力がマイルドなアミノ酸系洗浄剤も石油から作ることが出来るし、全く同じものを植物オイルで作ることもできます。

特定の成分にアレルギーがあるなどという場合であれば、それは避けるべきです。
もちろん石油系であろうが、純石鹸であろうが、アレルギーのリスクはゼロと言えません。
純石鹸でも、肌にとっては絶対に異物です。アレルギーが出ないとは言えません。

ですが、『純石鹸は安全、合成界面活性剤は危険』というイメージが本当に浸透しています。
調べてみても、ネットでは『石鹸神話』ばかりです。
植物性オイルで作った合成界面活性剤があると言っても、
『でも、合成だから危険なんでしょ?』
と言われるような始末です。

では、純石鹸はどうやって作られているのでしょう?
原料油脂に水と苛性ソーダを入れて化学反応を起こし、作られるのが純石鹸。
苛性カリを入れたらカリ石鹸になります。
苛性ソーダなり、苛性カリなりを加えて合成して作られる界面活性剤、それが純石鹸です。

ちなみに苛性ソーダは劇薬で、一滴目に入ったら失明するという恐ろしいものです。
それを使って石鹸を作ります。
石油系が危険…というのであれば、苛性ソーダを原料とする石鹸も危険です。

純石鹸はアルカリ性なので、皮脂を落とし、角質層をゆるくします。
これによって汚れが落ちやすい状況を作ります。
本来弱酸性の肌は、この石鹸によって一時的にアルカリへと傾きます。
健康なお肌でしたら、数分もすればアルカリから弱酸性に戻すことが出来ます。
肌が弱酸性に戻ると、角質層はキュッと閉じます。
これをアルカリ中和能と言います。

ところが、アトピーをはじめとする各種皮膚炎、皮脂欠乏症などで皮膚が弱い人は、このアルカリ中和能が上手く働きません。
皮膚の状態にもよりますが、弱酸性に戻るまでに数時間を要する場合もあります。
その間、角質層は緩んだまま、刺激物質は角質層に入り放題です。
これが、石鹸による肌トラブルの原因になります。

敏感肌や乾燥肌、アトピー肌などの人は、『石鹸を使った後は、弱酸性化粧水で肌を弱酸性に戻してあげる』必要が出てきます。
が、アミノ酸洗浄剤を使えば、そこまで肌が乾燥することもなく、皮脂も必要以上に落とさないわけです。おまけに肌がアルカリに傾くこともありません。
だったら、始めからアミノ酸洗浄剤を使えばよくないですか?

というわけで筆者は、純石鹸をあたかも万能選手のように言うことについて、賛成できません。

もちろん純石鹸が悪いのではありません。
純石鹸にも、他の合成界面活性剤にも、皮膚トラブルのリスクはあると言いたいのです。
巷にあふれる評判をうのみにばかりしてはいけませんね。

脂肪燃焼スープで短期間ダイエットに挑戦しよう

みなさん、脂肪燃焼スープダイエットって知っていますか?
脂肪燃焼スープダイエットは、野菜を中心としたスープを1週間飲み続けてやせる、ダイエット方法になります。
野菜スープをしっかりと食べてやせることができちゃうので、雑誌やインターネットで話題になっているダイエットなんですよ。

しかも、たった1週間で効果があらわれるから、すぐに体をスリムにしたいっていう人にもおすすめです。効果がすぐにわかるから、とっても楽しい脂肪燃焼スープダイエット。
実践するのなら、正しいやり方をチェックして実践してみたいですよね。
脂肪燃焼スープダイエットは、ダイエット期間中、野菜スープを好きなだけ飲んでOKです。
パンやパスタなど、小麦粉を使った料理を食べないようにするのもルールの1つです。
炭酸飲料やアルコールを控えると、さらに効果を高めることができます。
7日間の食事内容を野菜スープを中心にする、プチ断食系のダイエットが脂肪燃焼スープダイエットです。
この脂肪燃焼スープダイエットが人気を集めている理由は、なんといってもスープが低カロリーだということです。

スープ1皿のカロリーは約80~100キロカロリーです。
5杯食べても500キロカロリー程度と、とても少ないカロリーに抑えることができちゃうんです。
カロリーは低いものの、スープなのでたっぷりと水分をとることができます。
ですのが空腹感がないということも、脂肪燃焼スープダイエットのうれしいポイントです。
脂肪燃焼スープの作り方は、以下のようになっています。

まずは材料。
キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、セロリを一口大にカットします。
それを大きな鍋に入れたら、チキンスープの素とトマトホールを加えます。
水をひたひたになるまで入れたら、火をつけて野菜が好みの固さになるまで煮込みましょう。
あとは、塩コショウで味を整えるだけでOK。
とっても簡単に作ることができちゃいます。
脂肪燃焼スープを、一気にまとめて作っちゃうのが便利です。
ですが、保存方法には気を付ける必要があります。
とくに夏場は注意しましょう。
冷蔵庫に入れて保存するときは、スープが十分冷えてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。
冷凍庫で保存する場合も、十分の粗熱をとってから、タッパや保存袋に1食分ずつ分けて冷凍することが大切です。
10時間以上常温で保存をすると、雑菌が繁殖する危険があるので、よく注意をしてダイエットをおこないましょう。
脂肪燃焼スープダイエットは、あくまでプチ断食系のダイエットです。
長期間続けると、栄養が偏ってしまう可能性もあるので、1週間をめどにおこなうことが大切です。

水太り対策で、むくみを解消してみましょう

頑張ってダイエットをしているのに、なかなか成果があらわれない。
そもそも、あまり太っているわけではないのに、顔や足がパンパンにふくらんでいるせいで、体重以上に大きく見えてしまう。
そういう人は、もしかしたら体がむくんでいるのかもしれません。
いわゆる「水太り」です。

わたしたちの体はやく60%から70%が水分でできています。
普通ならば汗や尿として1日に2,3リットルの水分が体から排出されます。
ですが、この排泄機能がうまく作用せず、体に水分がたまってしまうことで水太りの状態になるのです。
水太りするのが怖いからといって、水を飲むのをひかえる必要はありません。
むしろ、水太りしないためにも、1日2リットルぐらいを目安に水を飲むようにすることが重要です。
水を飲むことで、すでに体の中にある水分が老廃物と一緒に排出されていきます。
むくみ解消やデトックスをおこなうためにも、体の中の水を新鮮でキレイなものにするよう巡回させることを意識してみましょう。

水を飲むポイントとして、一気に大量の水を飲むのではなく、少量の水をこまめに補給していくことが大切です。
水の温度も、冷たいものよりは常温の水がおすすめです。
冷たい水を飲むと体を芯から冷やしてしまい、基礎代謝を落としてしまうからです。
基礎代謝が落ちるということは、脂肪が消費されにくい体になるということです。
暑い夏や、スポーツやお風呂あがりには、ついつい冷たい水を飲みたくなってしまいますが、体の冷やし過ぎには注意しましょう。

水太りの改善のために、積極的にカリウムを摂取することもおすすめです。
カリウムは、むくみの原因となってしまうナトリウムを体の外へと排出してくれる働きがあります。
カリウムは野菜や魚、豆や芋類にたくさん含まれています。
その中でも、さつまいも、アボガド、ヨーグルト、ほうれん草はカリウムが豊富に含まれている代表的な食品です。
また、足痩せサプリメントするっと小町なども効果的でおすすめです。

これらはカリウムだけでなく、食物繊維も豊富に含まれているので、むくみ予防だけでなく、便秘予防や美容のためにも、積極的に摂取していきたい食品ですね。
むくみを解消させれば、顔や足が細くなるだけではありません。
たまっていた老廃物を体の外へと排出するので、肌の調子もよくなるはずです。
太ももの後ろにできてしまうセルライトも、足が細くなることで解消することができます。
「水を飲んだだけでも太ってしまう!」と言って水を控えることこそ、太ってしまう原因になってしまうので、注意が必要です。

食べるスキンケア 魅惑の野菜 かぼちゃ篇

かぼちゃというと、どんなイメージでしょう。
甘いから糖分が高いし、カロリーも高いんだろうな…って思ったりしませんか?

それはもったいない話です。
かぼちゃには確かにそれなりのカロリーもありますが、それ以外の成分はことごとく美肌のためにあるようなものばかりなんです。

かぼちゃには大きく分けて3種類あります
・菊かぼちゃなどの日本かぼちゃ
・栗かぼちゃと呼ばれる西洋かぼちゃ
・そうめん南瓜やズッキーニなどのペポカボチャ

今回は、普段の食卓で最も活躍する、西洋かぼちゃをメインにいろいろ調べてみました。
美肌作りの参考になること間違いなしです。

まずは西洋かぼちゃ、可食部100グラム当たりの栄養から。(カッコ内は日本かぼちゃの栄養)
・カロリー 91キロカロリー (49キロカロリー)
・たんぱく質 1.9グラム (1.6グラム)
・脂質 0.3グラム (0.1グラム)
・炭水化物 20.6グラム (10.9グラム)
・飽和脂肪酸 0.04グラム (0.01グラム)
・不飽和脂肪酸 0.12グラム (0.03グラム)
・食物繊維 3.5グラム (2.8グラム)
・カロテン 4000マイクログラム (730マイクログラム) マイクログラム=㎍
・ビタミンE 5.1ミリグラム (2.1ミリグラム)
・ビタミンB1 0.07グラム (0.07グラム)
・ビタミンB2 0.09グラム (0.06グラム)
・ビタミンC 43ミリグラム (16ミリグラム)
・カリウム 450ミリグラム (400ミリグラム)
・カルシウム 15ミリグラム (20ミリグラム)
・マグネシウム 25ミリグラム (15ミリグラム)
・リン 43ミリグラム (42ミリグラム)
・鉄分 0.5ミリグラム (0.5ミリグラム)
日本かぼちゃとくらべて、西洋かぼちゃはカロリーが高いです。
しかし、それ以外の栄養も日本かぼちゃより高いのです。
西洋かぼちゃをメインに調べるという意味がお分かりいただけますでしょうか。

西洋かぼちゃの美肌効果はいろいろあります。
中でも特筆すべきは、圧倒的なカロテンの量です。
ピーマンの10倍、トマトの8倍という量には驚きますね。
三大抗酸化ビタミンと言われるビタミンC、ビタミンE、ビタミンA(カロテン)の3つ。
これが西洋かぼちゃにはたっぷり含まれているのです。
また、皮にはポリフェノールもたっぷりです。
各種ビタミンとポリフェノールの相乗効果で、最高の抗酸化作用を得ることができます。

食物繊維は水溶性、不溶性の両方を含んでいます。
お通じにもいいですよね。
美肌は美腸からなので、この食物繊維のバランスの良さも見逃せません。

たっぷり含まれるカロテンは抗酸化作用のほかに、皮膚や粘膜を丈夫にする働きもあります。
ビタミンCは熱で壊れにくい性質を持っていますから、安心して加熱調理できます。
ビタミンCはメラニン色素の生成を阻害したり、コラーゲンの生成に不可欠ですから、美白&美肌に欠かせない栄養です。
ビタミンEは血行を良くして、お肌のターンオーバー周期を整えてくれます。
くすみの解消には欠かせない栄養ですね。
また、脚やせにもおすすめです。

ビタミンB群もしっかり含まれています。
ニキビ対策に必要な栄養も得られます。

ミネラルも豊富なかぼちゃです。
カリウムは過剰な塩分や水分を排出させる役割が。
むくみの解消に役立ちます。

かぼちゃは種も美味しく食べられます。
かぼちゃの種には髪の健康にかかわる栄養、リグナンがふくまれます。
男性に限らず、女性の薄毛にも効果があると言います。
抜け毛が気になる人にはうれしい効果ですよね。
かぼちゃの種はきれいに洗って、しっかり乾燥させます。
その上で乾煎りしたら、皮をむいて食べます。
なかなか美味しいおやつです。
海外ではパンプキンシードとしてポピュラーに食べられています。

かぼちゃが優れている点は、それだけではありません。
それは量を食べることが可能だということ。

例えばピーマンを100グラム食べようと思ったら大変ですよね。
葉物も同じく。
トマトやニンジンだって、100グラム食べようとしたら、途中で飽きてきます。
ましてや、これらを毎日100グラム食べようなんて、考えただけで飽き飽きします。

ですが、かぼちゃの100グラムは大したことありません。
ご飯のおかずに、一食で平らげることだって出来ます。
また、手作りおやつの材料にもぴったり。
甘みがあるので、使いやすいですよね。

甘みといえば、この自然な甘みは心がホッとする甘さです。
味付けも極力控えめにして、塩少々でも美味しくいただけます。
カロテンは油で調理した方が吸収されやすいですよね。
ぶつ切りにしたかぼちゃに、グレープシードオイルと塩を和えて、オーブンで焼く。
これだけで、とても美味しいんです。
おやつにも、ワインのおつまみにも、ご飯のおかずにもなります。

さつまいもはおかずになりにくい。
ジャガイモはスイーツに化けにくい。
その点でもかぼちゃは優秀ですよね。

食べて美味しい、体に美味しい、美肌に美味しい。
そんなかぼちゃを毎日の食卓に、どんどん使っていきたいものです。

ロングセラーカラコンを検証 みんなのカラコン(みんカラ)

カラコンが登場したのはごく最近。
それでも今やおしゃれになくてはならないアイテムとなってきています。
なぜこんなにカラコンは人気があるのでしょうか?
その理由を検証してみたいと思います。

今回は盛れるカラコンとして人気の『みんなのカラコン』。
知る人ぞ知るカラコンで、みんカラと略されることもあります。

もともとは派手に盛れるカラコンの草分けとして登場したみんカラですが、最近はナチュラルなデザインのレンズも多く扱っています。
特に『キングダム』シリーズはナチュラルで盛れると人気が高く、現在の売れ筋商品となっています。
『フラワー』や『Dress&Co』は比較的古くからあるカラコンで、こちらはかつての”一番盛れるカラコン”時代のデザインとなっています。

そして、この2つの中間にあるのが『クィーン』シリーズ。
デカ目に盛れるカラコンとしてこちらも好評で『キングダム』と人気を二分するシリーズとなっています。

みんなのカラコン、通称みんカラのコンセプトはとてもシンプル。
「一番盛れる」ということ。
カラーや発色は時代の流れと共に派手系からナチュラル系に変わってきていますが、その根底にあるのは盛れるカラコンという一貫した理念です。
その証拠に、ナチュラル系であるカラコンも着色直系が15~16mmもあるのです。
他社の裸眼のようなカラコンの着色直系と比べるとその差は歴然としています。

しかも、みんカラは無暗に大きいだけではなく、自然に盛れることにも注力しています。
特に最近の新作では、自然さに徹底的にこだわったデザインが多く、使いやすさも抜群にアップしています。
これこそがみんカラ人気の根源と言っても過言ではないくらいです。

しばらくはナチュラル系のカラコンが人気となる流れは続きそうです。
ナチュラルだけど盛れるカラコンであるみんカラは今後も人気商品であり続けるのではないかと思います。

また、肝心の着け心地はというと、みんカラはかなりいい部類に入ります。
低含水率(38%)レンズなので、長時間装着しても目が乾きにくく、ゴロゴロしないのです。
ただ、着色直系が大きいという子とは、レンズが目を覆う面積も大きいです。
低含水率レンズは着け心地がいい反面、レンズの酸素透過率は高含水率レンズに比べて高くありません。
カラコンを楽しむときは、きちんと目を休める時間を作ってあげてくださいね。

みんカラ カラコンはこちら

食べるスキンケア こんにゃくの美肌効果に注目!

こんにゃくといえば、低カロリーの食材でダイエットに重宝しますよね。
カロリーがないから栄養もない…なんて、昔はいわれていましたが、とんでもないです。
食物繊維やカルシウム、配分を含んでいます。
何より注目するべきは、こんにゃくセラミド。

セラミドは角質層で水分を保つ役割を担う、細胞間脂質の一つです。
そのセラミドが、なんとこんにゃくにたっぷり含まれているのです。正確には植物性グルコシルセラミドというものです。
こんにゃくのほか、米、小麦、トウモロコシ、大豆などに含まれているのですが、含有量ではこんにゃくがダントツトップなのです。
米や小麦に比べ、7~16倍も多く含まれる、というのですから驚きですね。

ただし、これほどのセラミドを含むのは、コンニャクイモを使って作られた『生芋こんにゃく』に限られると言います。
安すぎるこんにゃくにはあまり効果はありません。

生芋こんにゃくを一日半丁食べれば、一日に取るべきセラミドが補給できます。
ちなにに同じ量のセラミドを摂取したいとき、お米ではお茶碗に25杯。
玄米では10杯、スパゲティなら3皿分にもなってしまいます。
カロリーオーバーもいいところですね。

一方、こんにゃくは半丁で済む上、こんにゃく自体にほとんどカロリーはありません。
小麦などと違い、アレルギーを起こしにくい食べ物でもあります。
お腹の調子を整える働きがありますし、ダイエットにも美肌ケアにも役に立ちます。

もうメリットばかりに思ってしまいますが、もちろんデメリットもあります。
・何事も過ぎたるは猶及ばざるが如し。こんにゃくには食物繊維が含まれますが、食べ過ぎると便秘になります。こんにゃくのグルコマンナンは水溶性食物繊維ですが、凝固剤で固めた際に不溶性食物繊維に変化します。
これも食物繊維であることに変わりはありませんが、水分が少ないとお腹の中で固まってしまい、便秘になるのです。
・こんにゃくによる便秘が続くと、腸閉塞になることもあります。
・こんにゃくは腹持ちがよく、カロリーが低いため、食べ過ぎになりやすいです。食べ過ぎが続くと、胃が大きくなってしまい、他の物も食べ過ぎになりがちです。食べ過ぎると当然太ります。

こういったデメリットを理解したうえで、上手にこんにゃくを食事に取り入れたいものです。
こんにゃくは一日一枚まで。しっかり覚えておきましょう。

こんにゃくを食べれば、確かにセラミドは摂取できますが、それがそのままお肌のセラミドになるわけではありません。
グルコシルセラミドも一度分解され、再び合成されて肌のセラミドを作ります。
ですから、こんにゃくを食べた次の日からお肌プルプル…にはなりません。

こんにゃくをたくさん毎日食べるのは大変…ということもありますから、そういう人にはサプリメントの摂取も有効です。
それでも注意点は同じ。
過剰摂取と水分不足には注意してください。

セラミドはお肌につける美容液などもあります。
こちらは食べるよりも即効性を感じますが、肌内部の真皮層まで届くわけではありません。
もちろん、角質層で働いてくれれば十分効果を発揮できる成分ですし、毎日のスキンケアには取り入れた方がいいでしょう。

外側からのセラミドと、体内から作るセラミド。
ダブルで効果を上げることが望ましいと考えます。

食べるスキンケア 魅惑の野菜 トマト篇

トマトが赤くなると医者が青くなる…
そんなことわざがあるくらい、トマトは薬効の高い食べ物として知られています。
…トマトといえばリコピンでしょ?
いえいえ、それだけじゃありませんよ。トマトにはお医者さんが青くなるほどの効能がたっぷり秘められているのです。
今回はそんなトマトについて、深く掘り下げていきたいと思います。

イタリア語でポモドーロと呼ばれるトマト。
ポモドーロというのは聞いたことあるけれど…とおっしゃる方、その意味はご存知ですか?
これは『黄金のリンゴ』という意味なんです。
トマトの丸く、赤い実の形がリンゴに似ているためなんだとか。

トマトといえばリコピン。
リコピンは有名ですが、その効能のすごさはなるほどです。
リコピンはトマトの赤色を作っている色素成分で、カロテノイドの一種です。
一節によると、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれる、強力な抗酸化作用をもちます。
活性酸素を除去し、老化防止や血液サラサラ効果、がんの予防までもが期待される成分です。
美肌効果としては、美白効果のほかに、コラーゲンの生成を促進するという効能が期待されています。
リコピンは油で加熱すると、体に吸収されやすくなります。
おすすめはトマトジュースにオリーブオイルを少々混ぜて飲む方法。
塩を少し足すと飲みやすいですよ。
一般に売られているトマトジュースはすでに加熱されていますから、そのまま飲んでも効果がありますが、油と一緒に摂るのがコツです。

トマトの美肌効果は、リコピン以外にもいろんな成分があります。
抗酸化・メラニン色素の抑制作用  ビタミンC
皮膚や毛髪の健康維持に役立つ  ビオチン
毛細血管を強化する作用  ビタミンP
皮膚や粘膜の炎症を予防する  ビタミンB6
他にもミネラルやアミノ酸など、人間の体に必要な成分がバランスよく含まれています。
毎日の食生活の中で、しっかり摂取していきたい野菜です。

ドライトマトを使ったことがありますか?
筆者は大好きでして、ドライトマト好きが高じたあまり、自分で作ったりもするようになりました。
コツをつかめば簡単で、保存もききます。
用意するのはプチトマトと自然塩。…それだけです。

プチトマトは夏になるとすごく安くなります。
安いときにどっさり買い込んで、大量にドライトマトを作ります。
1.プチトマトをきれいに洗い、ヘタを取って縦半分に切る
2.オーブンの天板に、オーブンシートをしき、カットしたトマトを並べる。カットしながら並べて行けば早いですね。
3.全体に塩を振り、10分程度放置する。水分が出てきたらキッチンペーパーでふき取る。
4.130度に温めたオーブンに入れ、1時間30分待機。低温のオーブンに入れて、水分を飛ばしていきます。
5.水分がかなりとんだトマトをオーブンから取り出したら、干し網や干しかごに入れて天日に干す。天気のいい日に一日干すことでさらに水分を減らし、日光に当てることでカルシウムやビタミンDが増やすことができます。
6.干しあがったら、ジップロックに小分けして入れ、冷凍庫へGO!します。

塩はサラサラの岩塩を使います。
あら塩でも良いのですが、しっとりしているのでまんべんなく振ることが難しいです。

これはトマトの乾物なので、調理する前に戻して使います。
たっぷりのお湯に酢を入れて沸かし、火を止めたらドライトマトをつけます。
小さいトマトですから3分もすれば戻ります。
あとは、生のトマトと変わらない食べ方をしたり、ソースにしたり、スープにしたりします。

ドライトマトにすると、リコピンが4倍に増えます。
リコピンは加熱しても失われにくいですので、4倍に増やしたリコピンを嬉々として食べています。

トマトにはグルタミン酸が豊富に含まれます。このうまみ成分はアミノ酸の一種で、ダイエット効果や美肌効果がとても高いと言われています。
肌の潤いを保つ『天然保湿成分』の、実に40%がグルタミン酸をはじめとしたアミノ酸です。
そのため、トマトを常食することで、肌の水分量がアップするという説もあります。

美肌作りにとって見逃せない野菜、それがトマトです。
毎日の食生活に、ぜひ取り入れていきたいものですね。